So-net無料ブログ作成
検索選択

お宝に触れる [日記(日々のつらつら)]

銭湯で燃やされる寸前に救われた手塚治虫ら著名な漫画家8人が共同制作した壁画が、 東京都清瀬市中清戸の市児童センターで公開され、“市民の宝物”として人気を集めている。 壁画は「未来の街」をテーマに、手塚治虫、やなせたかし、多田ヒロシ、長新太、 柳原良平、前川かずお、佐川美代太郎、馬場のぼるのそうそうたるメンバーが、 ベニヤ板にアクリル絵の具で分担して描いた。 縦約2・6メートル、横約10メートルの大きさで、埼玉県で1987年に開かれた花と緑の 祭典で展示された。恐竜の楽園、海中都市、ロケットなどが描き込まれ、 鉄腕アトムなどおなじみのキャラクターも登場する。 壁画は祭典が終わると撤去され、数年後、清瀬市中里の銭湯「伸光湯」に燃料用の廃材として 譲り渡された。この時には、11枚に解体されていた。 銭湯を経営する神保昇泰さん(69)が、板の隅に8人の名前があるのをたまたま見つけ 「価値のあるものではないか」と感じた。 ボランティアの協力で修復し、99年から近くの芝山小にひっそりと飾られていた。 壁画がよみがえった数奇なエピソードは1年前、テレビ番組で紹介され、 次第に市民に知られるようになった。「すばらしい作品。市民の宝にしたい」 「みんなが見られる場所に移して」との声が市に寄せられた。 市は「街のイメージにぴったり」と今年3月から、児童センター「ころぽっくる」 2階ギャラリーで展示を始めた。 やなせさん(87)は「永久に保存しようと描いたものではなかったので、今まで残っていて 児童センターに展示されるとは夢にも思いませんでした。うれしいような気恥ずかしいような気分。 8人は助手を使わずに描いた。今考えれば貴重なもの」と話している。
(読売新聞より)

近隣のりょうくんもたまに利用する児童館に「お宝」が展示されているというので、さっそく見てきました。
あわや、銭湯の廃材になるところだった貴重な作品です。
横10メートルはある壁画にいろんな著名人が夢のある絵を描いていて・・・とても「うっとり」な壁画でした。
手塚治虫氏は兵庫県宝塚市の「手塚治虫記念館」へ足を運ぶほど大好きな漫画家ですし、
アンパンマンでおなじみにやなせたかしさんも好きです。
それと、子供を持ってから「絵本」に触れるようになって好きになった柳原良平さんや馬場のぼるさんの絵も愛嬌があって好きです。
りょうくんは「絵本」は好きですが、ストーリーのない壁画にはあまり興味を示しませんでした。
私のほうがじっくりじっくり時を忘れて眺めていました。ストーリーがなくとも、絵から伝わる物語があるからです。
子供の頃、もっともっと「絵本」に触れておけばよかったなぁ。。。と今となって思うのです。

「11ぴきのねこ」でおなじみの馬場さんの作品かな?

連名でそうそうたるメンバーですね。

小さくアトム発見!

柳原良平さんは乗り物が上手ですね。
友達に「カッキーン♪」とやられるりょうくん。


nice!(2)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 6

lynmoon

なんてタイムリーなお話なの!!
じつは昨日のケータリングというのは馬場のぼるさん作品
「11ぴきねこ」でおなじみの出版社のパーティーで、
パンやも馬場のぼるさんに贔屓にしてもらっていたという関係上、
お手伝いいたしました。11ぴきねこのクッキーはパンやでも定番メニューです。
あの時代の漫画家さんて夢にあふれた絵が多いですよね。
大人になってから気づく「やさしさ」あふれる作品もいっぱいありますよねー。
秩父もこういうことをすればよいのに・・・。といつも思います。
by lynmoon (2006-11-14 17:39) 

ちあぴ

凄い!本当に凄いメンバーですね。
今考えても、この方たちが一つの作品を残しているだなんてビックリです。
それぞれ個性がはっきりした絵たちなのに、不思議なくらい一体感がありますねー☆
清瀬には祖母が住んでいるので、いつか見に行ってみたいです。さちぼんさん&りょうくんにも会えるかしら(‘▽‘)
by ちあぴ (2006-11-14 23:08) 

さちぼん

lynmoonさん>そうだったんですか~!ほんとタイムリーな話題でした。11ぴきねこのクッキー見てみたいな!ちょっとお顔がサザエさんぽいですよね。。。
大人になってから絵本をたくさん読むようになって、夢が広がっていい気分です♪ でもりょうくんは相変わらず、乗り物系の本ばかり借りてきます。

ちあぴさん>1987年という古い作品ですが、今でも色あせず年代を感じさせない夢のある壁画です。そう、色も内容も一体感がありますね~。児童館に行くだびに見入ってしまいそうです。意外と壁画を見ている親子が少なかったです。私だけ。。。キャー(><)っていう気持ちだったのに・・・
ちあぴさんもおばあさまが清瀬なら、ぜひお越しのさいは見てみてくださいね。
by さちぼん (2006-11-16 14:56) 

hakatanoshio

すごいメンバーの壁画ですねぇ。
それが、銭湯で燃やされそうだった・・・っていうエピソードにもビックリ☆
小さなアトムがでしゃばりすぎずいい感じですね。
ホント、子供がいなかったら、こんなに絵本の作家やおなせたかしさんに興味をもつことはなかったですよねぇぇ。それにしても87歳なの~??アンパンマンばりに元気だよね~。。。
by hakatanoshio (2006-11-16 15:24) 

さちぼん

hakatanoshioさん>そう、やなせさんの年齢にびっくりだよね~。亡くなっちゃった作家も多いので、この作品は貴重ですね。
手塚さんのアトムはものすごく小さくて。。。私はすぐに見つけましたが、ウォーリーをさがせ状態で、子供たちに探させたりしました☆
これからも絵本にもっともっと触れていきたいと思っています。
by さちぼん (2006-11-16 15:48) 

高浦佳代

はじめまして♪
この壁画は私の父の事です。
父は絵を描くことが得意でこの壁画が薪の材木として家に来たときには…とてもとても燃やすことなどできなく早々に外壁に飾っては写真を撮っていました。私が嫁に行くと同時にこの壁画達が芝山小学校にもらわれていきました。テレビの取材に出た父が嫁に出した感じですと答えスタジオにいたテリー伊東さんにほくそえんでもらえました(笑)
今頃になってコメントして大変失礼しました。
父の事取り上げてくださいましてありがとうございました。
実家の銭湯が経営危機です。どうかお風呂に入りに入らしてください。よろしくお願いいたします。
by 高浦佳代 (2017-01-08 19:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。